ネイルが映える手を目指す ハンドケア方法

シェアする




今よりさらにネイルが映える手を手に入れたくありませんか?

ネイルがどんなに可愛くても、手が荒れていたらネイルが映えずかわいそうなネイルになってしまいますよね。

手は年齢が出ると言われていますが、十分なハンドケアを行っていれば若々しくみずみずしい手を手に入れることができます。

ハンドケアで重要なことは、一体何でしょうか?

それは、水分をきちんとふき取ることです。水分が乾燥する際、肌のうるおいが奪われてしまうからです。

お子様が小さいと手洗いや食器洗いが増えてガサガサになりがちですが、手に水分を残さないようにすることが大切です。

もし、忙しくて意識してられないという方は、ゴム手袋をすると手に水分が付かず洗い物が出来るのでおすすめです。

ハンドケアに欠かせないハンドクリームは、お持ちでしょうか?

実際持っていても、朝と夜しか塗らないなど、なかなか塗るタイミングがつかめないと思ってはいませんか?

そこで、ハンドクリームの使用方法をご紹介します。

1. 手に付いた水分は、ふき取ることが大切です。油分を含むクリームが水分にはじか

    れて薄くなるからです。

2. 手の甲にクリームを塗って温めてから塗ることが大切です。肌とクリームが温かい

    時の方が浸透しやすいからです。

3. 塗るタイミングは、寝起き、就寝前、お風呂の後、手洗いや食器洗いの後、洗濯物

    を干した後などです。

ハンドクリームの中でも、美容成分が配合されているものがあります。例えば、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、シアバターなどがあります。

どんなハンドクリームでも手になじむように優しく塗ることが大切です。ハンドケアを行って、誰もが羨むきれいな手を目指しましょう。



シェアする

フォローする