爪表面の凹凸の原因は?よくあるお悩み解決法

シェアする




爪の表面に筋や溝などが出来ていませんか?

この筋や溝は一体何が原因で出来てしまうのでしょうか。

縦の筋は、ストレスや乾燥、老化が原因とされています。

横の溝は、鉄分不足やどこかに挟んだ時などの損傷で出来てしまいます。

このほかにも、不摂生や内臓疾患も原因とされていますので規則正しい生活やバランスのとれた食事を心がけていくと良いでしょう。

そして、二枚爪でお悩みの方も多いです。この二枚爪は主に乾燥が原因とされています。

二枚爪の時は、爪切りの使用を控えネイルファイルなどで切りたい部分を削るのがおすすめです。

爪が折れやすいとお悩みの方はいませんか?

折れやすい原因は、爪が薄いか乾燥しているかが主な原因です。爪が薄い方は、爪の強化剤が入ったベースコートを塗ると折れにくくなります。

乾燥している方は、爪が硬くなっているのでキューティクルオイルをこまめに塗って保湿を心がけることで、爪が柔らかくなり折れにくくなります。

爪の乾燥が原因になることが多いので保湿は欠かせません。

指先にキューティクルオイル塗ったあと、ハンドクリームを手の平全体に塗るとさらに保湿効果が高まります。

ちなみに、キューティクルオイルの使用回数は、手洗いなど水を触るたびに塗るのが理想です。



シェアする

フォローする