セルフネイルでストーンを長持ちさせるには

シェアする




ネイルには欠かせないネイルストーンですが、せっかくつけたのに剥がれてしまい、残念な気持ちになってはいませんか?

ネイルストーンを長持ちするにはどうしたら良いのでしょうか?

ネイルストーンをつけるとき、一般的にはトップコートを塗ってからつけます。

ただし、このトップコートの粘土が低いとすぐに取れてしまいます。

そこで、取れてしまうのであればトップコートを変えてみましょう。

粘土が高いジェルなどのトップコートを塗り、ストーンをつけてさらにトップコートを塗ることでしっかり固定します。

さらに、ストーンとストーンの間にトップコートをしっかりと埋めるように塗ると固定が強化されます。

ストーン同士の隙間が埋まることでストーンが取れにくい状態になりますので、よく取れてお悩みの方にはおすすめです。

ご自宅にあるもので固定できるものとしては、ラメマニキュアです。

しっかり爪に張り付くラメマニキュアを塗り、ストーンをのせることでラメがストーンを固定するのに役立ちます。

さらに、固定だけではなくデザインもゴージャスに見えますのでラメ好きにはおすすめです。

それでも、不安な方にはつけ爪に使用する接着剤がおすすめです。

トップコートの後、つけ爪専用接着剤を塗りストーンをつけて、さらにトップコートを塗ると強力に固定されます。

爪のケアは、忘れず行ってくださいね。