基本のマニュキアの塗り方

シェアする




マニキュア?!時代遅れ!?

ジェルネイルが主流の今、マニキュアを使用する方も少なくなっています。

ですがマニキュアだってとっても可愛いし手頃です!

そんなマニキュアの基本の塗り方をご紹介します。

1、エタノールなどを染み込ませたコットンなどで爪表面に付着した油分を取り除いていきましょう。

2、次にベースコートを塗っていきましょう。

ベースコートはネイルカラーが爪に色素沈着をしてしまうのを防いでくれますし、よりネイルカラーが馴染んでくれます。

非常に大切なものなので、必ず塗りましょう。

3、ネイルカラーを塗ります。

4、完全にネイルカラーが乾いたら、トップコートを塗ります。

トップコートは艶出しやネイルを長持ちさせるので必ず塗りましょう。

5、綿棒などに除光液などを付け、はみ出てしまったネイルカラーを拭き取りましょう。

この5つのことが基本的なネイルカラーのやり方ですが、次にマニキュアの正しい塗り方です。

1、マニキュアを塗る前に爪の長さを整え、甘皮処理をしておく

甘皮処理をしておくことでグンと長持ちします!

2、ネイル表面をバッファーを使い磨く

このバッファーは爪の凸凹を無くして、ネイルカラーを綺麗に見せてくれます。

3、ハケの片側のボトルの口で余計なマニキュアを落としてから真ん中→右と塗っていきます。

塗ったマニキュアは完全に乾かしてから2度塗りしましょう!

きちんと乾かすのがポイントです!