ジェルネイルとは?

シェアする




ジェルネイルってなんなの??

まず始めに、ジェルネイルとはマニキュアとは全く別物だということをご理解下さい。

ですので、一緒に使うことはまずありません。

ジェルネイルは「ジェル」という液体を、UVライトもしくはLEDライトで固めながら塗っていきます。また、マニキュアと同様に、ベース、カラー、トップの順番で塗っていきます。

つまり、ベース→ライト→カラー→ライト→トップ→ライトです。

カラーは発色がよくなったり、ムラを隠すことができるので2度塗りしてくださいね。

ジェルネイルは長持ち!

これがまず基本ですが、ジェルネイルはマニキュアのもちが約3日~1週間に対て、3週間~1ヶ月といわれます。

もちろん手の使い方や、爪の状態によってもかわります。

また、ジェルをきちんともたせるためには、塗る前にしっかりとした処理をする必要があります。そのした処理をご紹介します。最近では、ノンサンディングジェルとうものがあるのですが、ここでは通常のジェルの場合をご紹介します。

まず、甘皮処理をします。甘皮がのこってしまっているとジェルのもちにかなり影響があります。次に爪の表面全体をファイルやスポンジでザラザラの状態にします。皮膚に近いところなども見落とさないようにしてくださいね。

ダスト(削った粉)をしっかりはらって、アセトン又はエタノールなどで拭き取ります。もし、ジェル用のプライマーなど接着を高める液を持っていたら塗ってあげましょう。

これでした処理は終わりです。もちろん爪の長さはお好みの長さや形に揃えておいてください。

ジェルネイルの基本はわかりましたでしょうか。まずは、カラーからやってみて、少しずつアートをやっていくと良いでしょう。