自爪ケアにはネイルオイルは必要?使い方紹介☆

シェアする




ネイルケアにオイルは必要なの?

自爪のケアに欠かせないのがネイルオイル。
セルフネイラーさんは活用していますよね。

中には「本当に必要なの?」と思っている女性も多いはず。
使いたいけど・・・どう使うの?と疑問に思っている人も多いと思うのでネイルオイルは必要なのか?使い方を紹介します♪

ネイルオイルの効果!

ネイルオイルを使う事で良い効果が沢山あります。

・保湿
・栄養補給
・ネイルの持ちが良くなる

ネイルオフ後は特に乾燥しやすいのでオフ後はネイルオイルを使う事で乾燥を防ぐ事が出来ます。

自爪が割れやすい、弱くなった時にも栄養補給を目的に使用する事も出来ます。
栄養補給を目的にする時には成分チェックを忘れずにしましょう。

ネイルの前にネイルオイルを使う事でネイルの持ちも良くなりますよ♪

ネイルオイルの使い方♪

ネイルオイルは爪に塗るだけでOKですが少し手間をかける事で効果をより感じる事が出来ますよ。

・手は清潔に
・手は温かくして使う
・根元にも塗る

当たり前に思うかもしれませんが手が清潔やないとオイルの馴染みが悪くなり効果を実感出来ません。
また手が温かいとオイルの馴染みが良くなるのでお風呂上りや手浴してから行いましょうね。

さらに爪の根元は栄養を吸収しやすい場所です。
爪の根元にネイルオイルを丁寧に塗り込む事で栄養がいきわたりますよ!

さらに塗る前のひと手間で効果が上がる

ネイルオイルを塗る前に爪に化粧水を薄く塗る事で爪の表面を整える事が出来ます。
お肌と同じで表面を整えてからネイルオイルを塗ると成分が爪に馴染みやすくなり効果をUPさせる事ができます♪

さらに効果を上げたい方はマッサージもおすすめです。
マッサージしながら爪に塗り込む事で成分がより浸透します。

自爪の健康にもネイルの持ちにも効果を発揮するネイルオイルを活用して綺麗な爪を手に入れましょうね♪



シェアする

フォローする