手には保湿が重要!パックの使い方

シェアする




手の乾燥は気にしてますか?

ハンドのケアにはハンドクリームを使っている人が多いですよね。
手の乾燥が酷い時にはハンドクリームだけじゃ足りない!

乾燥が酷い時にはハンドパックを試してみてはいかがですか?
ハンドパックの効果ややり方について紹介します。

ハンドパックの効果

手荒れやひび割れ、ささくれなど乾燥が進行すると様々な症状が出ます。
ネイルをするのなら手は綺麗な状態で保ちたいです。

ハンドパックをすると、こんなに嬉しい効果が出ますよ♪

・手のしわを目立たなくする
・古い角質を除去しやすくさせる
・乾燥防止
・シミを予防・改善
・ターンオーバーを正常にする

手には年齢が出やすいと言われています。
ハンドパックをする事で手を若々しい状態に保つことが出来ます。

自宅で簡単にできるハンドパック

ハンドパックはサロンで出来ますが、やり方が分かれば自宅でも出来ますよ。
その中でも簡単にできるハンドパックの方法を紹介します。

ニベアクリームを使ったハンドパック

コスパが高く美容に良いのでニベアを使ったスキンケアをする方が増えてきました。
ニベアはテクスチャーも硬めなのでパックにも使用しやすいです。

① 白くなるくらい手にニベアを塗る
② ビニールの手袋をして蒸しタオルで覆う
③ 10分ほど放置したあとに蒸しタオルでニベアをふき取り、手を洗う。

ビニールの手袋が使いにくい時にはラップでくるんでもOKですよ。

古い角質を落とすなら小麦粉パック

材料
・小麦粉 大さじ2
・牛乳 大さじ2
だまにならないように小麦粉と牛乳を混ぜます。
これでパックが完成です。

① 小麦粉パックを手にまんべんなく塗る
② 5分放置した後に水で洗い流す。
③ 最後にハンドクリームを塗りこむ

小麦粉パックは潤いを与えるパックではないのでハンドクリームや美容液は忘れずに!
手がゴワゴワする時などに試して下さいね。

どちらも簡単な方法なので自宅で乾燥やごわつきが気になる時には試して下さいね。
ハンドクリームにプラスしてパックの使い分けをする事で潤いのあるごわつきのない手になりますよ♪



シェアする

フォローする