毎日の食器洗いに気を付けて、万全。爪ケアをしよう!

シェアする




どんなに爪ケアをしていても、毎日の家事でその効果が半減してしまいます。
いくつになっても美しさをキープしていきたいというのは、女性なら誰しも思うこと!

特に指先は、ケアの成果が出やすい場所でもあるので、小まめなケアをおすすめします。

今回は美しい爪のために「毎日の食器洗いの際に気を付けること」をまとめていきます。 一緒に確認していきましょう。

この記事は、こんな人におすすめ

  • 爪のトラブルが耐えない
  • なんだか、爪が白くなってきた
  • 手の乾燥が気になる
  • 二枚爪に悩んでいる

主婦・ママにありがち!乾燥による爪のトラブル

子供のおむつ替えのあとの手洗い、食器洗いの度に、手が濡れ、爪も濡れます。
毎日欠かせないことですが、これが爪に大きなダメージを与えることになるのです。

一番の原因は、爪の乾燥です。

どうして食器洗いで爪がダメージを受けるのか?

しつこい油汚れや、食器についた食べ物のカスなどは、食器用洗剤があるからこそきちんと落とすことができます。

しかしながら、強力な洗浄力があるからこそ、爪へのダメージは止めどない!
特に界面活性剤が多く使われている洗剤は、要注意です。

肌や爪の表面についた油分や水分をぐんぐん奪っていくので、乾燥を加速させてしまいます。

爪が悲鳴をあげていることに気がつかないまま、毎日食器洗いを続けていると、ビックリするほどに爪がボロボロになってしまうのです。

食器洗いはしなければいけない!どうすればいいの?

「爪のために、食器洗いをしなければいいんだ!」というわけには、ならないのが現実です。

でも、ちょっと気を付けるだけで爪の乾燥やダメージを抑えることができます。 以下のポイントを心がけていきましょう。

  • ゴム手袋をして食器洗いをする
  •  界面活性剤の割合が低い、肌に優しい洗剤を使う
  • 食器洗いのあとは、ハンドクリーム、キューティクルオイルを塗る

食器洗いをしながら、ネイルをケアしていこう

いかがでしたか? 今回は「食器洗いをしながら、ネイルをケアをする方法」をご紹介しました。

家事はしなければならない、でも自爪の美しさをキープしていきたいというのが女性の気持ち。食器洗い後は、小まめにハンドクリームを塗ってケアをしていきましょう。



シェアする

フォローする