手作りでコスパよし!指先うるおうハンドクリーム

シェアする




感染症の季節は、自然と手洗いの回数も増えますよね。

風邪・インフルエンザ・ノロウィルスなどを予防するためには手洗いは必須なのですが、ちょっと気になるのが手や指先の乾燥です。

そこで今回は、手作りでコスパよし!指先うるおうハンドクリームをご紹介します。

この記事はこんな人におすすめ

  • 手荒れがひどい ハンドクリームを購入したいけれど、迷っている
  • 家族全員でたっぷり使えるハンドクリームを探している
  • ハンドメイドが好き

ハンドクリームを惜しみ無く使いたい!

女性は家事や育児を通して手を洗う機会も多いので、どうしてもささくれやひび割れなどの手荒れトラブルを抱えがち。

でも、子供の指先も意外と乾燥しているってご存知ですか?
ですから、ハンドクリームは家族全員欠かせないアイテムというわけです。

でも、ハンドクリームって毎日何度も使うものですよね。

商品によって価格差があるものの、質の良いハンドクリームを毎日使うとなると、結構なコストがかかります。

だからこそ、ハンドクリームを惜しみ無く使いたいと思いますよね?

手作りすれば、コスパよし!

作り方を伝授 ハンドクリームを惜しみ無く使うためには、どうしたらよいのか…手作りすればいいのです

10分でできる、手作りハンドクリームの作り方をご紹介します。

材料(5グラムの容器1・2個分)

  • 市販のみつろう 2g ※ インターネット通販で購入すると便利です。
  • ホホバオイル 10ml ※「ホホバ」という植物の種から抽出されるオイル。 ビタミン・アミノ酸・ミネラルを豊富に含んでいる。 わざわざ購入するのが面倒だったら、スーパーで売っているオリーブオイルでも代用可能。
  • お好きなアロマオイル 1滴 ※お子さまが匂いを嫌がる場合、無香料が好きな方はなくても構いません。

作り方

  1. みつろうは溶けやすいように細かく砕いておく。
  2. 耐熱容器にホホバオイルとみつろうを入れて湯煎する。くれぐれも直接火にかけたり、電子レンジで温めるのは止めてください。
  3. 2つが混ざりあったら、お好みでアロマオイルを垂らす。
  4. 準備していた容器にオイルを入れて、固まったら完成!

つけ心地はどうなの?

クリームというよりも、濃厚なリップバーム系のハンドクリームです。
ささくれやひび割れの激しい手にも、スッと染み込んでくれます。

オイルですから水も弾いてくれるので、水仕事の多い人にもおすすめです。

容器と香りのアレンジで、オリジナル感をアップ

「買った方が手間がかからなくていい」という声もありますが、念入りにハンドケアをするのなら、惜しみ無くハンドクリームを使うことになります。

コストパフォーマンスがよいのはもちろん、自分で容器と香りのアレンジができるので、楽しみながらケアできますね!

美しくなるためには、こつこつとケアをしていくことが大切。
だからこそ、楽しんでケアをしていきましょう。



シェアする

フォローする