基本を確認!ワンカラーのキレイな塗り方とは?

シェアする




出来るだけお金をかけないで、キレイなネイルに仕上げたいのなら、セルフネイルを上達させる必要があります。

そこで、セルフネイルの基本をしっかりと押さえていくことにしましょう。

今回のテーマは「ワンカラーを極める」です。

セルフネイルの基本を確認することは、とても大切!

ワンカラーのキレイな塗り方を、ここで確認していきましょう。

この記事は、こんな人におすすめ

  • セルフネイルを極めたい
  • 自分でネイルをしても、どうもうまくいかない
  • お金をかけないで、ネイルを楽しみたい
  • ワンカラーでキレイに仕上げたい
  • ネイルを楽しみたい

ワンカラーを美しく仕上げるためには、ステップ塗りがポイント

ワンカラーは、重ね塗りをしていくのが基本です。

1回で発色良く仕上げようと思うのは、間違った考え方ってご存知でしたか?

1回、2回、3回と重ね塗りをして、自分の理想とする色味に近づけていきましょう。

まずは爪の準備をしよう

ネイルカラーを塗っていく前に、まずは爪の準備をしていきます。

この準備をするか、しないかによって、セルフネイルの持ちが大きく違ってきますので、面倒に思わずにやりましょう。

方法はプレフィッターを爪の表面に塗り、爪の表面に付いている余分な水分と油分を落とすだけです。

この作業をすることで、ネイルが長持ちします。

何事も準備が大切です!

1回目は、ラインをとる

準備ができたら、いよいよお気に入りのカラーに塗っていきます。

「色をハッキリさせたいから、たっぷり塗りたい」という人もいますが、先ほどもお伝えした通り、ワンカラーのポイントは重ね塗りです。

ボトルの口を使って、ブラシに付いた余分なマニュキア液を落としてから、ラインどりをしていきましょう。

欲張ってマニュキア液を付け過ぎると、爪からはみ出しまうので注意してくださいね!

爪の端からはみ出ないように、丁寧にラインをとりながら、全体にも塗っていきます。

この時点では、ムラがあっても大丈夫です。

2回目は、ムラなくしっかりと塗っていく

2回目に塗る時は、ムラないようにしっかりと塗っていきます。

再度ブラシにマニュキア液をとり、ブラシがきちんと広がった状態で、爪の根元から先端の方向に丁寧に塗っていきましょう。

1回目でラインがきちんとできているので、それに沿って塗ればはみ出ることはありません。

3回目は、仕上げのトップコートを塗る

ムラなくカラーを塗ることができたら、最後に仕上げのトップコートを塗るのがポイント。

トップコートは発色を良くするだけではなく、ネイルの持ちも良くするので、セルフネイルには欠かせないアイテムです。

まとめ

今回は、セルフネイルの基本「ワンカラー」についてお話をしました。

あまり気にすることなく、適当に塗っても何とかなるかもしれません。

しかしながら、1つ1つの行程をきちんとしていくことで、仕上がりに大きな違いが出てくることは間違いないです。

シンプルだからこそ、しっかりと基本を見直して、セルフネイルをプロ級に仕上げていきましょう。



シェアする

フォローする