食べて良し。塗って良し?ヨーグルトパックで手美人

シェアする




せっかくネイルをオシャレに仕上げても、手がガサガサだとネイルの美しさも半減してしまいます。

ネイルを際立たせたいのなら、ハンドケアも大切です。

そこで今回は、手美人を目指して「食べて良し。塗って良し?ヨーグルトパック」をご紹介します。

是非、お試しになってみてください。

この記事は、こんな人におすすめ

  • いつもネイルをして、爪のおしゃれを楽しんでいる
  • ハンドケアをしたい
  • 手が荒れている
  • 指先がガサガサで困っている

ひとつでも当てはまる人は、こちらの記事に注目です。

オシャレネイルとハンドケアは、ダブルでおこなっていきましょう。

ヨーグルトをハンドケアに使おう

ヨーグルトは栄養豊富な発酵食品です。

食べることにより腸内環境を整えて、便秘を解消するなどの効果が期待できますが、ヨーグルトは塗ってもいいんです!

ヨーグルトを開封すると、上澄みのような透明の液体が浮いていませんか?

それを「乳清」といいますが、ビタミン・たんぱく質・ミネラルがたっぷりと含まれているのです。

乳清には美白効果や細胞活性作用、ヨーグルトの乳酸菌には雑菌の繁殖を抑えて肌の清潔さをキープするという役割があります。

すぐに完成!ヨーグルトパックの作り方

オシャレネイルを楽しみたいのなら、ハンドケアも抜かりなくやっていきたいものです。

冷蔵庫に常備している人も多い、ヨーグルトを使った手作りパックの作り方をご紹介します。

材料

  • ヨーグルト
  • 小麦粉

ちなみに上記の2つの材料は、1:1の割合で準備しましょう。

小麦粉はヨーグルトを手に塗った時に垂れてこないように、つなぎの役割を果たしてくれます。

作り方

  1. ボールにヨーグルトと小麦粉(1:1)の割合でいれる。
  2. よく混ぜる。
  3. 完成

出来上がったヨーグルトパックは、手にまんべんなく塗り、10~15分ほどそのままにします。

その後、ぬるま湯でしっかりと洗い流せばオッケー!

しっとり、すべすべのお肌になりますが、頻度は一週間に一度ほどがちょうどよいです。

やりすぎは肌トラブルを招くので、ほどほどにしましょう。

まとめ

今回は、手美人になれる「ヨーグルトパック」をご紹介しました。

美味しく食べて、ハンドケアもできるなんて、ヨーグルトってすごいですよね!

ネイルを楽しみたいのなら、ハンドケアを小まめにおこなって、美しい手を目指しましょう。



シェアする

フォローする