食欲の秋。食べて美爪「さつまいも」レシピ

シェアする




風邪が冷たい季節になってくると、どうしても爪のトラブルも増えてしまいがちです。

指先が冷えて血色が悪くなったり、爪の表面が白っぽくなってきたりと、トラブルが増えてしまう季節でもありますよね。

秋の味覚が豊富な季節でもありますから、今回はおいしく食べつつ「美爪ケア」をしていきましょう。

そこで「さつまいも」を使った、美爪レシピをご紹介していきます。

さつまいもの栄養で注目すべきビタミンC

じゃがいも、里芋などのいも類の中でも、ビタミンC含有量がトップのさつまいも。

ビタミンCには、皮膚や血管の老化を防ぐ効果が期待できるので、なかなか栄養が行きづらくトラブルが起きやすい爪のケアには、おすすめの食材です。

抗酸化作用も豊富なので、爪の若返りにも一役買ってくれるはず!

さつまいもレーズンマッシュ

優しい甘さのさつまいもマッシュ。

ビタミンCたっぷりの美爪レシピであり、腹持ちがよいダイエットスイーツにもなります。

材料(2人分)

  • さつまいも 2分の1本
  • レーズン 適量
  • 牛乳 50ml
  • 砂糖 大さじ1

作り方

  1. さつまいもを一口大に切り、レンジで温める
  2. マッシュする
  3. 温かいうちに砂糖と温めた牛乳を加える
  4. よく混ぜる
  5. 仕上げにレーズンを入れて、さっくり混ぜて完成

レーズンとさつまいもでちょうどよい甘味が出るので、砂糖は少なめで大丈夫です。

さつまいものチーズ焼き

甘いさつまいもと塩っけのあるチーズの組み合わせが、最高のコラボレーション!

材料と作り方は、こちら↓

材料(2人分)

  • さつまいも 2分の1本
  • ピザ用チーズ 適量
  • マジックソルト 適量

作り方

  1. さつまいもを薄目の輪切りにして耐熱皿に並べる
  2. マジックソルトを軽く振りかける
  3. レンジで温めて、火を通す
  4. ピザ用チーズをお好みの量かけて、レンジでとろーりとするまで温める
  5. 完成。あつあつのうちに召し上がれ!

さつまいもの味噌汁

体を内側から温めて、指先の冷えを解消して、爪の新陳代謝を高める効果が期待できる、お味噌汁。

甘いさつまいもを具材にすれば、ほんのりあまじょっぱさがあるお味噌汁が完成します。

材料(2人分)

  • さつまいも 4分の1
  • 味噌 適量
  • 水 400cc
  • だしの素 小さじ1
  • ねき 適量

作り方

  1. さつまいもを一口大に切る
  2. 水とさつまいもを鍋にいれる
  3. 中火にかけて、温まってきたらだしの素を入れる
  4. さつまいもに火が通ったのを確認したら、弱火にして味噌をとく
  5. 火を止めて、お椀に盛り付ける
  6. ネギをのせて完成

まとめ

今回は、さつまいもを使った美爪レシピをご紹介しました。

やさしい甘みのさつまいもは、スイーツにもなるし、食事メニューにも使うことができます。

爪の健康に効果的なビタミンCがたっぷりと含まれているので、料理に取り入れていきたい食材ですね。



シェアする

フォローする