ママネイル大賛成!気を付ける3つのポイントとは?

シェアする




ママになっても、かわいく、おしゃれな自分でいたい。

でも「そんな爪で大丈夫なの?」とお義母さんから言われるかもしれないとドキドキしていませんか?

結論から申し上げて、ママネイルは大賛成です! でも、気を付けるべき3つのポイントがあります。

早速、ご紹介していきます。

ママネイル大賛成!気を付ける3つのポイント

ママネイルは大賛成です!その際に気を付ける、3つのポイントをご紹介します。

これさえ知っておけば、ママになってもネイルがもっと身近になりますし、もっと楽しむことができるでしょう。

1.長さは短めが基本

子育て真っ最中のママは、やはり「子育てのしやすさ」を重視してネイルを楽しむことになるでしょう。

オムツ替え、沐浴、子供のお着替え、抱っこなど、子供と接する機会が多いからこそ、ネイルの長さは短めを基本にしましょう。

独身時代は長めのネイルを楽しんでいた人にとって、子育てをして短めのネイルになると、何だかオシャレではないと感じてしまう人もいるかもしれません。

でも、短めのネイルだって、十分にオシャレを楽しむことができます。

短めネイルは、上品・美しい・キレイというイメージがありますが、短めのネイルは可愛い・ポップという印象があります。

2.ブラックカラーは使わない

子供が保育園・幼稚園・小学校・中学校など学校に通い始めると、保護者同士の関わりも生まれていきます。

子供のためにも、少しでも親としての印象を良くしたいと思うのが普通ですよね。

ママネイルは少しでも印象を良くするためにも、ブラックカラーネイルは避けることをおすすめします。

ブラックカラーは、どんなにオシャレでも「ロック」「ハード」といった、強めの印象を与えてしまいますからね。

3.ネイルケアはしっかりと

ママネイルを楽しみたいのなら、ネイルケアはしっかりとするようにしましょう。

なぜなら産後のママ、寝不足やストレスが多いママの爪はダメージを受けやすくなっているので、ネイルをすることによって爪に更なるダメージがかかりやすくなってしまうのです。

ですから、ネイルケアは入念に行いましょう。

まとめ。ケアをしっかりしてママネイルを楽しもう

今回は、ママネイルを楽しむ際に気を付ける3つのポイントをご紹介しました。

もう一度、おさらいしてみましょう。

こちら↓

  • 長さは短めが基本
  • ブラックカラーは使わない
  • ネイルケアはしっかりと

産後のママの爪、家事や子育てで忙しいママの爪は何かとダメージを受けています。

だからこそ、しっかりとケアをしつつ、ママネイルを楽しんでくださいね。



シェアする

フォローする