チェック!爪が剥がれる4つの原因とは?

シェアする




「いつの間にか、爪がペロンと剥がれている」なんてことは、ありませんか?

爪が剥がれると、なかなかもとには戻りませんし、見た目もちょっと残念な感じですよね。

出来るだけ爪が剥がれないようにしたいなぁーと思ったら、まず何をするべきか?

爪が剥がれてしまう原因を探りましょう。

早速、ご紹介します!

原因1.爪の栄養不足

はじめに考えられるのが、爪が栄養不足な状態になるために、もろくなってしまうからです。

外食が続いてしまったり、肉・魚・豆腐などの十分なタンパク質を補給できない場合、爪への栄養が行き届かなくなり、二枚爪になったり、剥がれやすくなってしまいます。

爪の栄養不足を補うには、意識的に爪の健康を保つために必要な栄養素を含んだ食材を食べるのが1番です。

良質のたんぱく質・亜鉛・ビタミンなどが豊富に含まれる食材を、意識的に摂取しましょう。

医薬品ではないので、効果はすぐには出ません。

毎日コツコツと続けていくことが、大切です。

原因2.爪が少し切れたところから、剥がれる

日常生活を送っていると、何らかの拍子でピッと爪が切れてしまうことがありますよね。

少しもろくなった部分から、爪が少しずつ剥がれてきてしまうことは十分に考えられます。

このようなケースを防ぐためには、トップコートを塗ったり、ネイルオイルを塗って爪の乾燥を防ぐことをおすすめします。

原因3.強い衝撃が加わった

指を壁に挟んでしまった、転んでしまったなど、爪に強い衝撃が加わった場合は、気付かぬうちに爪が剥がれてしまっている場合も少なくありません。

どのような衝撃が爪に加わるかにもよりますが、血が出てしまった場合は、きちんと消毒をしましょう。

原因4.ビックリ!手足口病

ビックリされる方も多いのですが、手足口病の症状の1つとして、爪が剥がれるというものがあります。

手足口病は幼児を中心に夏に流行する感染症で、手足に赤いボツボツができるのが主な症状です。

しかしながら、全員とはいかないものの、爪が剥がれるという症状もあるという報告が上がっています。

以上が、爪が剥がれる主な4つの原因です。

いずれにしても、日頃から爪を丈夫にしておくことが大切です。

栄養バランスの整った食事と、爪が乾燥しないようにする外側からのケアを心掛けましょう。

まとめ。あなたの爪、どうして剥がれているの?

今回は「爪が剥がれる原因」についてお話をしました。

爪が剥がれる原因として考えられるのは、以下の4つ!

原因1.爪の栄養不足

原因2.爪が少し切れたところから、剥がれる

原因3.強い衝撃が加わった

原因4.ビックリ!手足口病

一般的なのは、爪の栄養不足やダメージによるものではないでしょうか。

栄養バランスの整った食事をして、爪を内側から強くしていくことをおすすめします。



シェアする

フォローする