産後のママの爪、ボロボロ!理由を知っておこう

シェアする




赤ちゃんを産むと、ママの体にはさまざまなことが起こります。

髪の毛が抜けやすくなったり、何だか疲れやすくなったりなど・・・

そのうちの1つが、爪のトラブルです。

「あれ?どうしてこんなに爪が弱くなったのかな?」とふと思った時には、ママの爪がボロボロになっていることも少なくありません。

そこで今回は「産後のママの爪トラブルの原因」について、お話をしていきます。

この記事は、こんな人におすすめ

  • ママ
  • 産後の爪トラブルに悩んでいる
  • 子育てに忙しくて、ネイルケアをする時間がない
  • 爪がボロボロで困っている

産後のママの爪トラブルの原因は?

産後のママの体と心に起きる変化は、本当にめまぐるしい!

「何でこんなに不調なの?」とびっくりしてしまう人も多いでしょう。

さて、産後のママの爪トラブルの原因を探っていきましょう。

原因1.寝不足

夜中のミルク、夜泣きなど、疲れているのに寝ることができない状態が続く、産後のママたち。

産後に爪が弱くなってしまう原因の一つに、睡眠不足が考えられます。

寝ている間に成長ホルモンが分泌されて、爪の修復や成長の時間となるのですが、産後のママ達は十分な睡眠時間を確保することは難しいですよね。

寝ることができるときに、寝る!と心がけていきましょう。

原因2.産後の栄養不足

赤ちゃんを産むというのは、女性にとっては命がけの大仕事。

それだけでもかなりの体力を使っているのに、産後は頻回な授乳が待っていますし、何より子育てに忙しくてごはんどころではないかもしれませんね。

栄養不足は疲れやすさ、髪の毛、爪、肌などにも顕著に表れてしまうので、意識をして栄養補給をしていくことが大切です。

産後のママ達の体は「とにかく、出産のダメージを回復させなくちゃ」と回復が優先となり、正直なところ爪は後回しです。

ママ達が自分で意識をすることが、求められます。

例えば、こんな感じ!

  • タンパク質を積極的に摂取する
  • 冷え対策をおこなう
  • 忙しい合間を縫って、きちんと食べる
  • 1人で頑張りすぎないで、子育てを周りの人と協力しながらおこなう

原因3.水仕事が多くなる

おむつ替えの度に、石鹸で手をゴシゴシ洗う。

哺乳瓶を洗ったり、食器やタオルを洗ったりと、産後に水仕事が増えた。

このように、産後のママは赤ちゃんに触れる機会が多いからこそ、手が水に触れる機会も自然と多くなり、それが爪の乾燥につながります。

だからこそ、意識的にハンドクリームやネイルオイルを塗って、爪を乾燥から守りましょう。

以上、産後のママの爪トラブルの原因をお話しました。

原因が分かれば、ネイルケアの方法も見えてきますよね。

小まめにおこなうことが、何よりも大切です。

産後は体調が不安定になりがちだからこそ、ネイルケアを意識していきましょう。



シェアする

フォローする