足の小指の爪がない問題!原因は?

シェアする




フットネイルを楽しみたいと思っていても、もともとの爪の形に不満を抱いている人は少なくありませんよね。

そこで今回は、ちょっとマイナーかもしれませんが「足の小指の爪がない問題」について取り上げようと思います。

足の小指の爪がないのには、ある原因があったのです。

ぜひ、参考にしてくださいね。

この記事は、こんな人におすすめ

  • 足の小指が短すぎる
  • 足の小指が短くて、マニュキアを塗りづらい
  • フットネイルを楽しみたい

足の小指の爪がない問題!3つの原因

足の小指の爪がない、または少ないという人は、その原因を探ってみましょう。

心当たりはありませんか?何が原因かがはっきりすれば、対処ができるはずです。

原因1.靴が合っていない

オシャレな女性ほど、無理をして靴を履いていることが多いです。

先が細い靴、ヒールが高い靴、サイズが合わないけどデザインがかわいい靴など、無理して履いていると足の指や爪が圧迫されてしまうので、指や爪の変形にもつながる可能性が出てきてしまいます。

つま先に余裕がありすぎても問題ですし、窮屈でも負担がかかるというわけですね。

もしかしたら、靴が合っていないせいで、指や爪に負担がかかり、極端に爪が小さくなっていることもあるので、一度履き心地を確かめることをおすすめします。

原因2.甘皮に埋もれているかも

小指の爪は靴にどうしても当たりやすいので、摩擦から守るために角質が溜まりやすいという傾向があります。

ですから、爪が甘皮に埋もれてしまうことも少なくありません。

甘皮が原因の場合は、きちんと甘皮処理をすれば、改善するかもしれませんね。

原因3.ついつい切りすぎているかも

足の指って、なかなか切りづらいですよね。

手が届きにくかったり、思い切って切ってしまうことも少なくありません。

バチンと切ってしまっても、爪は急激に伸びるわけではないので、短い期間が長くなってしまう時もあります。

特に妊婦さんなどは、大きなおなかで自分の足先が見えないので、ついつい深爪してしまうこともあるので、無理な場合はご主人に対応してもらうといいですね。

まとめ。足の小指の爪がない問題を解決

今回は「足の小指の爪がない問題」について、お話をしました。

足の小指が極端に短いと、なかなかフットネイルを楽しめないという人も少なくありません。しかしながら、原因さえ押さえてあげれば、自分で改善することができます。

靴が合っているのかを確かめたり、甘皮の手入れをするなどして、フットネイルと同時にフットケアも行いましょう。



シェアする

フォローする