健康な爪を育てる!3つの美爪習慣とは?

シェアする




爪が割れる、白くなる、縦の線が入る、二枚爪になるなどの爪トラブルを抱えていませんか?

そのような爪トラブルが多発しているなら、自らの生活習慣を見直して、健康な爪を育てる努力をする必要があります。

そこで今回のテーマは「健康な爪を育てる!3つの美爪習慣」です。

美しい爪を育てようと思ったら、毎日コツコツと取り組んでいただきましょう。

この記事は、こんな人におすすめ

  • 爪トラブルに悩んでいる
  • 冷え性である
  • 指先が冷たい
  • 体温が低い

健康な爪を育てる!3つの美爪習慣

爪トラブルを感じたときに、そのまま放っておいても、良くなることはありません。

ちょっとした違和感を覚えた時に、早めに対処しておくのが、爪の健康と美しさをキープしていくためには必要です。

おすすめの美爪習慣をご紹介します。

1.爪先を温める

爪は体の末端部分なので、血の巡りが悪くなってしまうと、栄養が廻っていきにくくなる部位でもあります。

栄養が行き届きにくくなると、爪が割れやすくなったり、爪に縦線が入ってしまうなどのトラブルが起きやすくなってしまいます。

そこで、爪先を積極的に温めて、血の巡りを良くするように心掛けましょう。

お湯に手先をつけたり、ホッカイロなどや手袋など、手先を温めるアイテムを活用するのも方法です。

2.温かく栄養価の高い飲み物を飲む

身体を内側から温めながら、栄養をしっかりと摂取するために、栄養価の高いホットドリンクを飲むのはいかがでしょうか。

ホットミルク・ソイラテ・黒ゴマきなこホットミルクなど、良質のたんぱく質を効率よく摂取できる飲み物を日々の食生活にプラスできるといいですね。

3.手先を温めるツボを押す

忙しい時でもサッと取り組むことができる、美爪習慣は「ツボ押し」です。

命門(めいもん)と呼ばれるツボは、血行促進効果があり、手の小指の第二関節のところにあります。

痛いというよりは気持ちいいと感じるくらいの強さで、5秒間隔で5回ほど押すようにしてください。

1日に数回ツボ押しを試して、血流促進を図りましょう。

まとめ。美爪習慣を毎日にプラスしよう

今回は「健康な爪を育てる!美爪習慣」をご紹介しました。

もう一度、振り返りましょう。

  1. 爪先を温める
  2. 温かく栄養価の高い飲み物を飲む
  3. 手先を温めるツボを押す

寒い冬の季節だからこそ、特に「温める」ことが大切なのです。

冷え性の方は積極的に体を温めることによって代謝も良くなるので、爪の健康だけではなく、体調も良くなったと感じることができるかもしれません。

ぜひ、日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。



シェアする

フォローする



コメント

  1. cherrynail より:

    今回のスタッフブログはいかがでしたか?

    みなさんも普通に生活しているだけでも、爪に何かしらのトラブルがおこる事があるかと思います。
    そんな自分の身に降り掛かってしまった爪に関するお悩みや疑問などございましたら、お気軽にこちらのコメント欄からご質問をお寄せください。

    みなさまの爪に関するお悩みを解決するような記事を作成させて頂きます。