夏野菜で美爪をつくる。とうもろこしレシピ

シェアする




暑い日々が続き、何だか食欲も落ちてきてしまいますよね。

食事量が低下するということは、栄養もあまり摂取できないという状況になりますので、体の末端部分である爪に運ばれる栄養も少なくなってしまいます。

そこで、今回は夏に美味しい「夏野菜を食べて美爪をつくる」というテーマでお話をします。

選んだ野菜は、甘くて人気のとうもろこしです。

この記事はこんな人におすすめ

  • とうもろこしが好き
  • 爪のトラブルを抱えている
  • 美しい爪をキープしたい
  • 夏野菜が好き

美爪に効果的なとうもろこしの栄養成分

とうもろこしに含まれている栄養成分の中で、注目すべきは「ナイアシン」です。

ナイアシンにはエネルギーの代謝を活発にする効果があるので、体の末端部分にあり栄養が届きにくい爪にも、栄養を届きやすくしてくれます。

茹でても失われにくい栄養成分なのも、嬉しい特徴の1つです。

また、とうもろこしに含まれている「ビタミンE」も美爪や美肌に効果的です。

強い抗酸化作用があるので、爪の美しさをキープするために効果を発揮します。

とうもろこしのおすすめレシピ

そのまま食べてももちろんおいしいとうもろこしですが、ちょっとの工夫でさまざまな食べ方ができます。ぜひ、参考にして下さい。

とうもろこしと生姜と卵のお味噌汁

夏こそ温かい汁物を食べて、夏のクーラー冷えを予防しましょう。

とうもろこしと香味野菜の生姜とネギ、高タンパク質の卵が入った栄養満点のお味噌汁です。

材料(2人分)

  • とうもろこし 1本
  • 卵 1個
  • 水 400㏄
  • みそ 大さじ1
  • だしの素(顆粒)
  • ネギ 少々
  • 生姜 少々

作り方

  1. とうもろこしを茹でる。
  2. 茹でたとうもろこしを削る。
  3. 小鍋に水とだしを入れる。
  4. ひと煮立ちしたら、みそととうもろこしを加える。
  5. 卵を溶いて、回し入れる。
  6. すりおろした生姜を加える。
  7. 最後にネギを散らす。
  8. 完成。

とうもろこしとサラダチキンのサラダ

代謝をアップさせるとうもろこしと高タンパク質のサラダチキンを組み合わせて、腹持ちの良いおかずサラダはいかがでしょうか?

材料(2人分)

  • とうもろこし 1本
  • サラダチキン 1つ
  • レタス お好みの量
  • トマト お好みの量
  • ごまドレッシング 適量

作り方

  1. とうもろこしを茹でる。
  2. 茹でたとうもろこしを削る。
  3. レタスとトマト、サラダチキンを一口大に切る。
  4. お皿にレタスとトマトを盛り付ける。
  5. その上に、サラダチキンととうもろこしをのせる。
  6. 最後にごまドレッシングを回しかける。
  7. 完成。

以上、今回は「夏野菜を食べて美爪をつくる」というテーマでお話をしました。

甘いとうもろこしはそのまま食べても美味しいですが、栄養価の高い食材と組み合わせることで、飽きずにおいしく食べることができます。

ぜひとうもろこしを旬の時期に美味しく食べて、美しい爪、健康な爪を体の中から作り上げましょう。



シェアする

フォローする